■具材
 ■だんご
 ■祭事用
 ■煎餅
 ■ECO
 ■コンセプト
 ■TOP
 
おむすび たさぶろう
ご注文・ご予約は
TEL.0248-21-6555
FAX.0248-21-6556
営業時間
平日9:30〜18:00
土日祝日9:30〜14:00
冬季期間日曜定休日





   
 
   
 
     
 
「本当においしいお米を皆さんにもっと食べてもらいたい」
おむすび「たさぶろう」はこんな思いから創めました。
 
 
現在、日本人一人のお米の消費は約40キロと言われています。今から40年前の昭和44年頃では約60キロ以上食べられていました。日本人の食生活が豊かになり、今では数多くの食品が出回りお米の消費は今も減り続けているのが現状です。
都心では外食で食べるお米が多く家庭で炊飯することは本当に少なくなりました。大手外食チェーンのご飯ではお米の本当のおいしさや大切さが損なってしまうのではないかと思います。
「たさぶろう」は安全で本当においしいお米を一番おいしい「炊き方」「むすび方」でお客様に食べていただくことで、米文化継承の一反を担いたいと考えています。
 
     
     
  おむすび・おにぎり  
 
「おむすび」 「おにぎり」と大きく二つの呼び名がありますが、地域などでも変わるようです。日本人は山に信仰性を強く感じます。お米を山にたとえ三角にして供えたのがおむすびであるとも言われています。おにぎりは「にぎる」と言う動作から来ているようです。「おむすび」は「三角形」「おにぎり」は 「まる」のが通常の形となるようです。
おむすびは元来「おふくろの味」に代表されるように、日常に根付いた日本人が大好きな食べ物です。通常は家庭で作りかんたんに食べられ、持ち歩くにも便利です。食欲がないときでも「おむすび」なら食べられる人も多く、子供はおむすびが大好きです。また中の具も豊富で、多くの人に親しまれています。また家庭の味でもあり、具材や形などで地域性が出るもので容易に再現でき多くの人に受け入れられる食べ物です。
現在コンビニでは おむすびはなくてはならないものとしての位置づけになっています。
おむすびは ご飯を炊き家庭で作るものですが、現状では手軽に買って手軽に安価で食べるられる 物として位置づけられていっても過言ではありません。
 
copyright(c)2007 たさぶろう All Rights Reserved.